名古屋の弁護士のブログ

企業法務、経営、IT・ネットの法律問題についての雑記

書籍(ビジネス系)

「When 完璧なタイミングを科学する」(ダニエル・ピンク)-読書

「When to」 直訳すると「いつ~すべきか?」ですが、これに対する日本人の回答は9割がた 「今でしょ!」になると思いますが、この「いつすべきか?」というテーマについて科学的に考察しているのが、本書「When 完璧なタイミングを科学する」です。…

田端信太郎著「ブランド人になれ!会社の奴隷解放宣言」(幻冬舎)

ツイッターで人気の田端さんの「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言」売れているみたいなので買って読んでみました。速い人なら10分くらいでサクッと読めます。 タイトルに見覚えがある人も多いと思いますが、「トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作…

脳のワーキングメモリとゴルフの上達

ゴルフをかれこれ2年以上続けてきました。これまで練習場ではそこそこ打てるのに、コースではミスショットを連発するなど、なかなか上達はしなかったのですが、ここ最近上達の波が来ているような気がします。 この上達の要因は今の先生との相性の良さなのか…

コピーライターの仕事は競合を調べることから始まる-「ここらで広告コピーの本当の話をします。」(宣伝会議)

目の前にペットボトルに入った水があったとします。この水を売るための広告コピーを考えるには何から始めますか。 広告コピーを考えるには、まず、その商品の具体的な情報や競合送品との違い、すなわちUSP(競合優位性)を調べることが必要です。 このよ…

リモートワークの参考本「強いチームはオフィスを捨てる」

リモートワークの参考本といえば「強いチームはオフィスは捨てる」があります。 著者はbasecampの創業者のジェイソン・フィリード氏。同氏の書籍では小さなチーム、大きな仕事が著名です。 強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命…

エリートの定義は変わった-ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

「ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち」を読みました。 著者は「0秒リーダシップ」「世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法」等の著者のピョートル・フェリーク…